産経WEST

滋賀・守山の「中山道」を歩こう 市職員と自治会がイラストマップ作成

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


滋賀・守山の「中山道」を歩こう 市職員と自治会がイラストマップ作成

住民らで作った滋賀県守山市内の中山道周辺の史跡をイラストで紹介するマップ 住民らで作った滋賀県守山市内の中山道周辺の史跡をイラストで紹介するマップ

 中山道の宿場町として栄えた滋賀県守山市の史跡や名所を紹介しようと、市内の自治会が合同でイラストマップを作成した。国重要文化財の本殿をもつ勝部神社をはじめとした見どころを鳥瞰(ちょうかん)図などで鮮やかに表現している。

 中山道は約3キロにわたり同市を通過。マップは中山道が通る守山、吉身両学区の住民と市が共同で作った。芸大出身の市職員が主なイラストを描き、紹介文の表現や名所間の距離などについて住民らと協議を重ね、3年がかりで完成させた。

 旅人の目印として街道の一里(約4キロ)ごとに作られた一里塚のうち、県内で唯一現存している「今宿(いまじゅく)一里塚」(同市今宿)をはじめとする周辺の史跡や社寺など30カ所が解説とともに紹介されている。

 作成に関わった守山学区の田中貞明さん(80)は「観光客も市民も散策のときは気軽に使ってほしい」と話している。

 5千部を作成。守山、吉身2学区の公民館や市役所などで配布している。

「産経WEST」のランキング