PR

産経WEST 産経WEST

【ビジネスの裏側】UACJお家騒動 物言う風土と変革力で再認識された古河グループ

Messenger

 運営会社は折半出資だが、役員構成など「運営面では古河電工の色が強く、これまでも運営方針をめぐって押し問答する場面があった」(JR東日本関係者)という。チームがJ2降格など成績不振に陥るたびにファンからは「また、古河とJR東の対立が影響した」と言われるほどだ。

 今回、渦中にあったUACJの社名は、「United Aluminum Company of Japan」で訳すと、アルミ界を代表する日本連合企業となる。ただ、現時点では、十分な合併効果を上げられているとは言い難い。今後は、社名に負けない世界競争を勝ち抜き、業績を上げられるか。独自の変革と成長を遂げてきた、古河グループのDNAがどう受け継がれ、次の変革を遂げられるかに注目が集まる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ