産経WEST

【夜食ラーメンでおもてなし(3)】中国の一流ホテルで修業 悔しいクレーム対応も 道頓堀ホテル運営会社専務 橋本明元さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【夜食ラーメンでおもてなし(3)】
中国の一流ホテルで修業 悔しいクレーム対応も 道頓堀ホテル運営会社専務 橋本明元さん

宿泊客を見送る橋本明元さん(右)。中国での経験が現在の経営に生かされている(恵守乾撮影) 宿泊客を見送る橋本明元さん(右)。中国での経験が現在の経営に生かされている(恵守乾撮影)

 橋本 中国で「祖父が中国人なんだ」と自己紹介すると、とても好意的に受け入れられ、多くの人が力を貸してくれる経験をしました。祖父の故郷を知り、中国語で仕事ができるようになって「中国と日本のハーフ」ではなくて、両国で力を発揮できる「ダブル」なんだ、と誇りを持てるようになりました。

     

【プロフィル】橋本明元(はしもと・みんげん) 昭和50年5月生まれ、大阪府豊中市出身。同志社大を卒業後、義足や車いすの製造・販売会社の営業を経て平成13年、祖父が昭和45年に創業した道頓堀ホテルの運営会社、王宮に入社。平成14年に祖父の故郷、中国の高級ホテルで修業。19年、王宮に再入社し、社長の兄と道頓堀ホテルを経営。25年に専務となり、訪日外国人に特化したホテル2棟を大阪市内で新たに開業した。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング