産経WEST

【依存~家族のかたち(3)】「子供支配」は家庭での居場所守るため 「機能不全家族」の実態 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【依存~家族のかたち(3)】
「子供支配」は家庭での居場所守るため 「機能不全家族」の実態 

母親との異常な関係から抜け出せず、ゲームセンターに入り浸り、7年間もニート生活に。大山明さんの生活はすさんだ(写真と本文は関係ありません) 母親との異常な関係から抜け出せず、ゲームセンターに入り浸り、7年間もニート生活に。大山明さんの生活はすさんだ(写真と本文は関係ありません)

 そんな両親に育てられた父は、見合い結婚した母への愛情が希薄だった。子供3人をもうけたのも世間体のため。母を「使用人」呼ばわりし「(家にある)冷蔵庫やテレビは貸し与えているだけ」と言い放った。

 一方、母は、実兄が結婚し、実家から追い出されるように嫁いできた。パートをしながら家事をこなし自分をいびった義母が認知症になると、介護を一手に担わされた。その鬱屈を子供にぶつけた。子供を支配したのは、自分の居場所を確認するためだった。

 転機となったのは、ふと目にしたインターネット掲示板に書かれた「機能不全家族」の体験談だった。アルコール中毒の父、高圧的な母。自分の育った環境と酷似していた。

 書き込みの家族と同じく、大山の家庭は、それぞれが異常な関係にとらわれ、抜け出せない「共依存」の状態にあった。それが分かると、両親に対し、憎しみよりも哀れみを感じるようになったという。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング