産経WEST

レノが新明和工業の株式買い増し

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


レノが新明和工業の株式買い増し

 旧村上ファンド系投資会社の「レノ」(東京都渋谷区)や「オフィスサポート」(同)などが特装車大手の新明和工業の株式を買い増ししていたことが15日、分かった。レノが11日に関東財務局に提出した変更報告書によると、共同持ち株比率は14・8%と、直近の13・57%(5月8日提出)から上昇。筆頭株主になっているという。

 レノは、保有目的について「投資および状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為等を行う」としている。3月上旬ごろから買い増しが行われ、新明和工業は4月下旬にレノのグループが筆頭株主になったことを確認したという。

 また、同社は15日、平成33年3月期までの3カ年の中期経営計画を発表し、新たな株主還元策として、企業の最終利益から配当金にあてられた割合を示す配当性向について40~50%とする目標を掲げた。従来は15~20%程度だった。五十川龍之社長は「株式買い増しとの関連性はない。すべての株主の利益向上のため」と強調した。

「産経WEST」のランキング