PR

産経WEST 産経WEST

復旧工事で積算ミス 高知県、失格の会社が落札

Messenger

 高知県は15日、平成26年の台風で発生した土砂崩れの復旧工事の一般競争入札で、予定価格を5千円低く積算するミスがあり、本来は失格だった業者が落札していたと発表した。ミスがなければ落札していた業者は県の謝罪を受け入れ、再入札は行わないという。

 県によると、工事で使用する排水管の単価の上昇分を反映していなかった。入札は今年4月に行われ7社が参加。同県香美市の業者が2074万5千円で落札したが、本来なら最低制限価格を5千円下回っており失格するはずだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ