PR

産経WEST 産経WEST

理研、神戸拠点に新センター 再生医療で健康寿命延伸 研究強化

Messenger

 理化学研究所は15日、神戸市を主な拠点に4月に発足した再生医療の基礎研究などに当たる新組織「生命機能科学研究センター」の概要を発表した。老化の仕組みや臓器が形成される過程の解明を通じ、高齢者の健康寿命を延ばすなど、日本が直面する社会課題への対応を強化する。

 同センターは、多細胞システム形成研究センター(神戸市)と、生命システム研究センター(大阪府吹田市)やライフサイエンス技術基盤研究センター(横浜市など)を統合し、事業の効率化や人材交流を促進する。人員は神戸を中心に大阪と横浜、広島を加えた4拠点で約600人。

 京都大や大阪大など各地の大学のほか、大塚製薬やダイキン工業など企業の研究部門と連携。生物の遺伝子を改変できる「ゲノム編集」技術や、膨大な細胞データを解析する人工知能(AI)も活用し、実際の医療分野への応用に向けた技術基盤の確立を目指す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ