産経WEST

元同僚の男に懲役20年求刑 奈良の女性飲食店員殺害

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


元同僚の男に懲役20年求刑 奈良の女性飲食店員殺害

 昨年10月、奈良県の飲食店員、田島友美さん=当時(35)=を殺害し広島県呉市の住宅に遺棄したなどとして、殺人と死体遺棄などの罪に問われた元店長、染井俊一被告(38)の裁判員裁判の論告求刑公判が15日、奈良地裁(西川篤志裁判長)であり、検察側は懲役20年を求刑し結審した。判決は17日。

 検察側は論告で、首を2、3分間圧迫していたとして「強固な殺意があったことは明らか」と指摘。弁護側は最終弁論で「交際関係にあった被害者とささいなことから口論になって起きた突発的な事件で、懲役10年が相当」と主張した。

 起訴状などによると、染井被告は昨年10月4日、奈良県大和郡山市のホテルで田島さんの首を絞めて殺害。同月6日までに、遺体を呉市の親族宅に運び、毛布などでくるんで床下の貯蔵庫に遺棄したなどとしている。2人はかつて同じ飲食店で勤務していた。

「産経WEST」のランキング