PR

産経WEST 産経WEST

漁協が市補助金を不正受給 イセエビ放流量水増し 和歌山・田辺

Messenger

 和歌山県田辺市は15日、和歌山南漁協(田辺市)がイセエビの放流量を水増しし、市から不正に補助金計約86万円を受給していたと明らかにした。市は「実態を明らかにし、返還を求める」としている。

 田辺市によると、同漁協はイセエビの増加を目的に放流事業をしており、事業費の半分を市が負担している。平成29年度には田辺湾で計170キロを放流したとしていたが、そのうち約122キロ(86万3200円)が水増しされていた。イセエビの仕入れ先の納品書から不正が発覚した。

 漁協は市の調査結果を認め、「返還に応じる」と話しているという。市は28年度以前の調査も踏まえ、補助金の返還を求める。

 また同県白浜町がイセエビ放流のため支出していた補助金も、同漁協の運営費などに使用されていた可能性がある。

 和歌山南漁協は「現在調査中でコメントできない」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ