産経WEST

若い力必要 消防団女性隊、新たに学生2人入隊 広島市安芸区

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


若い力必要 消防団女性隊、新たに学生2人入隊 広島市安芸区

広島市消防団の女性隊の先輩たちに囲まれる新入隊員の高松もえさん(中央)=安芸区 広島市消防団の女性隊の先輩たちに囲まれる新入隊員の高松もえさん(中央)=安芸区

 市民でつくる広島市消防団の安芸区の女性隊に今春、新たに学生2人が入隊した。4年前の広島土砂災害などを機に、消防団で女性が活躍できる場は広がっているが、市消防団全体に占める女性の割合は近年、わずか5~6%にとどまる。各消防団に平成8年、本格配置された女性隊員の高齢化も進む中、機敏な動きで訓練に励む新規入隊員の姿に、ベテラン隊員たちも大きな期待を寄せる。

訓練で機敏な動き

 入隊したのは、市立看護専門学校に今春入学したばかりの高松もえさん(18)と、友人の広島国際大学看護学部2年、小松千華さん。

 もえさんは4月初旬、区内のグラウンドで、消防ポンプ操法の訓練に初挑戦。指導員が見守る中、小柄な体で勢いよく放水するなど機敏な動きをみせた。

 顔に水しぶきがかかり濡れると、先輩隊員が優しく拭いてくれた。

 もえさんは、看護師の母、まさえさん(52)が3年前、団員募集のポスターを見て先に入隊しており、楽しそうに訓練に行く姿を間近にみていた。入隊資格のある18歳を迎える誕生日直前にまさえさんに誘われ、迷わず「いいよ」と即答した。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング