産経WEST

翁長沖縄知事が退院 病状など自ら説明へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


翁長沖縄知事が退院 病状など自ら説明へ

退院し、沖縄県庁に登庁した翁長雄志知事=15日午前 退院し、沖縄県庁に登庁した翁長雄志知事=15日午前

 沖縄県の翁長雄志知事(67)は15日午前、入院先の同県浦添市内の病院を退院した。4月に膵臓腫瘍と診断され、同21日に切除手術を受けていた。午後に県庁で記者会見し、自らの病状や公務復帰の見通しについて説明する予定だ。

 退院後、翁長氏は報道陣に「県民に大変心配を掛けた。一日も早く公務復帰し、任された責任を全うしたい。全力で頑張る」と述べた。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、翁長氏と政府との間で対立が続くが、12月の任期満了に伴う知事選への態度を明らかにしていない。健康問題が立候補の判断に影響を与えるかどうかが注目されている。

 翁長氏は4月5日、人間ドックを受診した際に再検査の指示を受け、検査入院した。その後、腫瘍を公表し、手術を受けて療養していた。県関係者によると、リハビリを続け順調に回復しているという。

このニュースの写真

  • 翁長沖縄知事が退院 病状など自ら説明へ

関連ニュース

「産経WEST」のランキング