PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】ファンが増えている、肉々しくワイルドな「グルメバーガー」とは?

Messenger

 薮さんによると、現在では各都道府県に10~20種類のご当地バーガーがあり、合計1千種類以上。「ご当地バーガー」とうたっていなくても、喫茶店などで地域の食材を使ったハンバーガーを提供している例は多い。今年3月には大阪府吹田市の万博公園で「バーガーEXPO2018」、5月4日には神戸市東灘区の岡本商店街で「岡本ハンバーガーフェスティバル」など、毎月のようにご当地バーガーのイベントも開かれている。

 ただ、最盛期に比べるとご当地バーガーのブームは一段落しており、そのころから台頭してきたのがグルメバーガーだ。個性豊かなクラフトビールとのペアリングを楽しむ文化も広がってきた。小さくてつまみやすいミニハンバーガー「スライダー」なども米国から伝わり、さらに多様性が増している。

 そもそも日本のハンバーガー店としては、昭和46年に一号店がオープンしたマクドナルドが草分けだ。全国約2900店(3月末時点)、バーガー類の年間販売個数は約14億個と、現在も圧倒的な存在感。日本マクドナルドは近年のハンバーガーブームについて「お客様の選択肢が増えることになるので、ハンバーガー業界全体が盛り上がることは大変喜ばしい。マクドナルドはお子様からご年配の方まで男女問わず親しんでいける味わいを、お得で気軽なメニューと楽しいキャンペーンでお届けしていく」とコメントしている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ