PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】世界遺産・吉野の神社に和風モダンのお茶屋 なぜ短期間で規制をクリアできたのか

ゆったりとくつろぎながら、吉野山の景色を見ることができる「一目千本茶屋」=奈良県吉野町
Messenger

 観光客誘致のための文化財の活用が地方活性化の切り札として期待される一方、規制や許可申請の煩雑さから断念されてしまうケースも少なくない。そんな中、奈良県吉野町で4月、民間企業による文化財の活用を目玉にした観光ツアーが実施された。規制をクリアし、世界遺産の神社境内に茶屋を建てるという大胆な取り組みを短期間で成し遂げた秘訣(ひけつ)はどこにあったのか。(桑島浩任)

桜頼みの観光事情

 全国屈指の桜の名所として知られる吉野山。約3万本の桜が山の麓から順に咲いていくため、4月上旬から下旬にかけて花見を楽しめるのも大きな魅力だ。一方で、観桜期を外れれば訪れる人はめっきり減り、年間の観光客数の半分近くが花見シーズンに集中する“桜頼み”の状況となっている。

 今年はそこに春先の気温上昇という気象条件が直撃した。3月末に麓で見頃を迎えたかと思うと、桜前線は一気に山を駆け上り、4月13日には山頂も葉桜に。平成元年以降で最も早いシーズン終了は、観光客数に大きく影響したとみられる。

 吉野山や周辺の社寺を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」は世界遺産に登録されており、多くの観光資源を有している。代表的な存在が吉水(よしみず)神社だ。後醍醐天皇や源義経、豊臣秀吉らと縁があり、関連する品々も多数残されている。歴史好きにはたまらない穴場だ。ところが、先述の通り観光客は桜頼みで、地域のそうした魅力が十分に生かされていない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ