産経WEST

25歳男性、車の後部座席で死亡 首に延長コード 三重・鈴鹿

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


25歳男性、車の後部座席で死亡 首に延長コード 三重・鈴鹿

 13日午前5時55分ごろ、三重県鈴鹿市稲生塩屋の住宅の駐車場に止まっていた軽自動車の後部座席で、この家に住む解体作業員の男性(25)が倒れているのを家族が見つけた。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。発見時、首には延長コードが巻き付いており、鈴鹿署は事件と自殺の両面で調べる。

 三重県警鈴鹿署によると、車は男性が所有しており、エンジンキーは差し込み口に入っていて、ドアは施錠されていなかった。首にはコードの痕があったが、それ以外に目立った外傷はなかった。遺書らしきものは見つかっていないという。

 同署は司法解剖して死因を特定するとともに、男性にトラブルがなかったか調べる。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング