産経WEST

【アメフット】関学大、過度なラフプレーで日大に抗議文 監督「あってはならない行為」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【アメフット】
関学大、過度なラフプレーで日大に抗議文 監督「あってはならない行為」

記者会見する関学大アメフット部の鳥内秀晃監督=12日、兵庫県西宮市 記者会見する関学大アメフット部の鳥内秀晃監督=12日、兵庫県西宮市

前のニュース

 アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦で、日大の選手が過度なラフプレーをしたとして関東学生連盟から処分された問題で、関学大アメフット部の鳥内秀晃監督らが12日、兵庫県西宮市の西宮上ケ原キャンパスで記者会見し、日大に謝罪とともにラフプレーを行った理由の説明を求める抗議文を送ったことを明らかにした。

 6日に東京・アミノバイタルフィールドで行われた定期戦では、日大の選手がパスを投げ終えた関学大のクオーターバック(QB)に背後からタックル。その後もラフプレーを続けて資格没収(退場)となった。負傷退場したQBは右膝の軟骨損傷と腰の打撲で全治3週間と診断された。会見で鳥内監督は「あってはならない行為。これを認めたらスポーツは成り立たない」と述べた。

 関東学生連盟は1回目の反則行為を公式規則の「(無防備な選手への)ひどいパーソナルファウル」と判断。追加的な処分の内容が確定するまで当該選手の対外試合出場を禁止したほか、日大の指導者を厳重注意する処分内容を10日に公表した。今後は規律委員会を設置し、詳細な調査を行った上で最終的な対応を決めるという。

 日大は昨年12月の全日本大学選手権決勝、甲子園ボウルで関学大を下し、27年ぶりに優勝した。

次のニュース

のニュース

の写真

  • 【関学大アメフット部会見詳報(7)完】「日大、責任者(監督)とともに謝罪すべし」
  • 【関学大アメフット部会見詳報(6)】「被害選手の家族、今も日大側に憤り」
  • 【関学大アメフット部会見詳報(5)】「双方の信頼関係、完全に崩壊」イメージダウンに苦渋も
  • 【関学大アメフット部会見詳報(4)】「ウチならあのプレーすればその試合は出さない」と指摘
  • 【関学大アメフット部会見詳報(3)】「日大の回答書、誠意あると判断しかねる」
  • 【関学大アメフット部会見詳報(2)】「日大部長、監督の直接の謝罪と真摯な調査を要望」
  • 【関学大アメフット部会見詳報(1)】日大の回答書「問題のプレー、指導と選手の受け取りに乖離」と釈明
  • 【アメフット】関学大・鳥内監督「日大側に真相究明を求める」…再回答の内容次第で、定期戦を行わず
  • 【アメフット】日大悪質反則、部長らの直接謝罪を要望…関学大が会見
  • 【アメフット】27日の日大-明大オープン戦も中止 関東学生アメフット連盟
  • 関学大アメフット、主将QBの挑戦「ルールにのっとってプレーで圧倒するのがやり返すということ」
  • 【アメフット】日大の反則見解に関学大が回答、午後に記者会見…日大広報部「監督から指示してない」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング