産経WEST

「出せば通る」は今や昔、年々厳しくなる世界遺産審査 百舌鳥・古市古墳群、イコモス視察控え地元ぴりぴり 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「出せば通る」は今や昔、年々厳しくなる世界遺産審査 百舌鳥・古市古墳群、イコモス視察控え地元ぴりぴり 

百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けた主な経過と今後の流れ 百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けた主な経過と今後の流れ

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県、熊本県)を登録するよう勧告した諮問機関のイコモス。来年の世界文化遺産登録を目指す「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(大阪府堺市、羽曳野市、藤井寺市)の地元では、そのイコモスの視察を9月ごろに控え、周辺環境の保全に神経をとがらせている。周辺の関連施設の移転工事を延期したり、景観の妨げとなる広告物の撤去を促したりと躍起だ。背景には近年のイコモスの審査の厳格化があり、周辺で開発中の事業についても厳しい注文をつけるケースもある。(江森梓)

 今年4月、古墳近くに計画されていた国内唯一の自転車専門の博物館「自転車博物館サイクルセンター」(堺市堺区)の移転計画の中止が発表された。仁徳天皇陵古墳がある大仙公園に隣接する市有地にある同博物館は、建物の老朽化から、同公園内での新設移転を計画していたが、移転先は古墳が密集する百舌鳥古墳群の中心地に位置することから、運営団体は「遺産登録に影響を与えるのは本意ではない」と中止した。

 こうした対応の背景には、イコモスの審査の厳格化がある。昨年5月、「『神宿る島』宗像(むなかた)・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)についてイコモスは、推薦していた8つのうち4つの史跡の除外を求めた上で、周辺で開発中の事業について、景観への影響評価を実施し、ユネスコに報告するよう勧告したのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「出せば通る」は今や昔、年々厳しくなる世界遺産審査 百舌鳥・古市古墳群、イコモス視察控え地元ぴりぴり 
  • 「出せば通る」は今や昔、年々厳しくなる世界遺産審査 百舌鳥・古市古墳群、イコモス視察控え地元ぴりぴり 
  • 「出せば通る」は今や昔、年々厳しくなる世界遺産審査 百舌鳥・古市古墳群、イコモス視察控え地元ぴりぴり 

関連ニュース

「産経WEST」のランキング