PR

産経WEST 産経WEST

【浪速風】急展開も…笑顔にだまされるな、独裁者に選挙も任期もない(5月11日)

笑顔で握手する金正恩氏(右)とポンペオ氏(ロイター)
Messenger

 「いつになったら国民みんなが幸せな生活を送れるようになるでしょうか?」。トランプ米大統領が神様に尋ねた。「10年後だ」という答えに、「残念だ。私の任期は終わっている」。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が同じ質問をした。神様は「残念だ。その頃には私の任期は終わっている」。

 ▼早坂隆さんの「新・世界の日本人ジョーク集」(中公新書ラクレ)から。神様に聞いてみたい。北朝鮮は本当に核・ミサイルを放棄するのか。日本人拉致被害者は帰国できるのか-。いや、答えられるのは神様ではなく、正恩氏しかいない。来月12日に開かれる米朝首脳会談がどうなるのか、ひとえに彼の胸三寸である。

 ▼南北会談や中国訪問で大物ぶったポーズと笑顔を振りまいている。拘束されていた米国人3人が解放された。急展開しているようだが、だまされてはいけない。独裁者には選挙も任期もない。思い通りになるまで、時間はいくらでもあると考えているのではないか。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ