産経WEST

【通崎好みつれづれ】マリンバ女子会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【通崎好みつれづれ】
マリンバ女子会

通崎さんに教わる「マリンバ女子会」の4人 通崎さんに教わる「マリンバ女子会」の4人

 私のところにレッスンに通っておられる「マリンバ女子会」を名乗る4人組から、一足早い誕生日プレゼントをいただいた。「レッスンは、ちょっと甘めにお願いします」との思いを込めたという「はちみつ詰め合わせ」である。全く違う個性の仲良し4人組。『細雪』か『若草物語』風のドラマに仕立てると面白いのではないかと思いながらみている。

 先日は、「今度3人で長崎の『園長』のところに遊びに行くんです」と聞いて、思わず「はぁ?」と聞き返した。

 言葉の主は、介護分野で教壇に立ちながら現場もこなす●崎淳子(●=手へんに丙、からさき・あつこ)さん(54)。園長とは、長崎から通われている保育園長、毛谷村裕子(けやむら・ひろこ)さん(56)のことだ。同時期にレッスンをスタートした2人は、大型犬ゴールデンレトリバーを愛する独身暮らし、という共通点もあり、馬が合うらしい。

 ここに加わるのが、以前当欄でも紹介した、還暦を機にマリンバを始めた井川幸子(いかわ・さちこ)さん(62)。昨年末、がんが再発し抗がん剤治療のため入院された。その際、「発表会があるので、入院を遅らせられませんか」と尋ね、担当医から「マリンバか命かどちらが大事なんですか」とあきれられたそうだ。今はすっかり回復されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • マリンバ女子会

「産経WEST」のランキング