産経WEST

【衝撃事件の核心】混迷深める「3つの山口組」…来年秋にはキーマン出所

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
混迷深める「3つの山口組」…来年秋にはキーマン出所

 指定暴力団神戸山口組に“反旗”を翻した勢力による「任侠(にんきょう)山口組」の電撃結成から4月30日で丸1年が過ぎた。山口組を名乗る3組織の中で組織が最も小さく、「長くはもたない」というのが関係者の大方の見方だったが、その予想を裏切る形で存在感を増し、警察当局は今年3月、独立した指定暴力団と認めた。潤沢な資金力を武器に、「国内最強」とうたわれた山口組で起こるドミノ式の組織分裂。最初の騒動から2年半以上が過ぎた今も組織間のトラブルは絶えず、対立の溝が狭まる気配はない。そんな中、ある人物の出所が分裂騒動の行方のカギを握るとの見方も出ている。

3組織並存の異常事態

 3月26日午前、任侠山口組の本拠と認定されている傘下組織「真鍋組」事務所(兵庫県尼崎市)に、福岡県警の捜査員ら数十人が家宅捜索に入った。ヘルメットを着用し盾を持った完全防備の機動隊も事務所前に整列。捜索は約45分後にトラブルもなく終了したが、報道機関の記者も集結し現場は一時ものものしい雰囲気に包まれた。

 4日前の22日には兵庫県公安委員会が、六代目山口組、神戸山口組に続き山口組を名乗る組織としては3番目の指定暴力団に指定したばかり。捜索理由は組幹部が起こした恐喝事件の解明のためだった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 混迷深める「3つの山口組」…来年秋にはキーマン出所

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング