PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】広がる「リアル謎解きゲーム」…「アニメの聖地」活性化にも一役

Messenger

 ゲームを開発したシステム会社の担当者は「謎解きブームに合わせて作ったわけではないが、ちょうど良い時期にブームが来ている」といい、友ケ島汽船の担当者も「多くの人に楽しんでもらいたい。訪れた人が(ゲームを)SNSなどの口コミで拡散してくれれば」と期待する。

 大阪などに比べ、和歌山ではまだ本格的なリアル謎解きゲームは少ないが、南氏は「大阪などでゲームの制作を学び、地域密着型の謎解き制作団体が出てくれば、和歌山でも謎解きゲームによる地域活性化の芽が出てくるのではないか」と話している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ