PR

産経WEST 産経WEST

奈良・上牧の介護施設女性殺人事件から1年 遺族「進展ない」と憤り

事件発生から1年を迎える介護老人保健施設「こころ上牧」=上牧町
Messenger

 奈良県上牧町上牧の介護老人保健施設「こころ上牧」4階個室で、入所者の森本ミツヱさん=当時(97)=が首を絞められて殺害された事件は、10日で発生から1年を迎える。森本さんの義理の娘(71)は「何も進展がないまま1年が過ぎた。犯人には腹立たしさしかない」と憤り、事件の早期解決を願っている。

 「おとなしく穏やかな人で、けんかやトラブルとは無縁だった。なぜ殺されなければならなかったのか」

 週1回ほど施設に通い、身の回りの世話をしていた義理の娘はこう語った。

 「犯人が捕まるまでは手元に」と遺骨は自宅に置いていたが、区切りを付けるため、一周忌に合わせて今月4日に納骨したという。もっとも「何も進まない。気持ちに整理もつかず、1年前で時間は止まったままです」と声を震わせた。

 事件が起きたのは昨年5月10日。午前3時20分ごろ、森本さんがベッド横の床に体の左側を下にした状態で倒れているのを、巡回していた50代の男性介護士が発見した。死因は窒息死で、捜査関係者によると、首には細いひものようなもので絞められた痕があったという。

 森本さんの居室には、ナースコール用のコードや介護ベッドのリモコンにつながるコード類はあったが、これらが凶器となったかどうかはいまだ判明していない。

 施設の出入り口は夜間施錠され、外部から侵入した形跡がない上、事件が起きた時間帯に不審な物音を聞いた職員や入所者もいなかった。県警は内部犯行の可能性が高いとみて、引き続き慎重に捜査している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ