PR

産経WEST 産経WEST

【銀幕裏の声】「仁義なき戦い」の熱さをもう一度 東映が久々に仕掛ける任侠映画「孤狼の血」(下)

Messenger

 「正直、今まではそんなことはなかったです。しかし、白石監督の映画『孤狼の血』を見て、セリフの作り方、人物の表情、見せ場の作り方など、多くのことを学ばせてもらった。それらは小説の続編で反映させていますよ」と。

 そう語る小説「孤狼の血」の続編「凶犬の眼」(KADOKAWA)が、3月末に刊行された。

 こちらも映画化が今から楽しみだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ