PR

産経WEST 産経WEST

【銀幕裏の声】「仁義なき戦い」の熱さをもう一度 東映が久々に仕掛ける任侠映画「孤狼の血」(下)

撮影現場で役所(右)と打ち合わせする白石監督 (C)2018「孤狼の血」製作委員会
Messenger

 東映が久々に仕掛ける本格任侠(にんきょう)映画「孤狼の血」が5月12日から公開される。舞台は昭和63年の広島県呉原市(呉市がモデル)。暴力団抗争に巻き込まれていくベテラン刑事を役所広司、新米刑事を松坂桃李が演じ、メガホンを撮ったのは、硬派なノワール作品(犯罪映画)を得意とする白石和彌監督。「仁義なき戦い」(48年)を凌駕(りょうが)しようという意欲に満ちあふれた力作だ。その舞台裏を追った。 (戸津井康之)

任侠邦画の復活

 「仁義なき戦い」シリーズに代表される東映の任侠映画は、多くの映画ファンを熱狂させてきた。

 だが、東映プロデューサー陣が、「近年、“抗争劇”は当たらない」と語るように、実録ものなど硬派な男の世界を描くハードボイルド映画は次第に衰退。邦画界全体でも激減している。

 その現状について白石監督はこう心情を吐露した。「本来、日本が作っていなければいけない硬質なジャンルの映画を、この10~20年、撮り続けてきたのが韓国映画界です。なぜ、日本では撮れないのか? 日本の監督として本当に悔しかった」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ