産経WEST

高校野球賭博容疑で逮捕 佐賀で暴力団組員ら

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高校野球賭博容疑で逮捕 佐賀で暴力団組員ら

 佐賀南署は9日、今春の選抜高校野球大会で賭博をしたとして賭博開帳図利の疑いで、佐賀市八戸溝の指定暴力団山口組系組員、土井猛容疑者(43)を逮捕した。他に同ほう助の疑いで、いずれも同市の無職、浦郷拓也(33)、飲食店経営、立石颯太(22)の両容疑者を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。

 土井容疑者の逮捕容疑は、1~3月ごろにかけ大会の優勝校と準優勝校を1口千円で客に予想させ、計16万5千円を集め、賭け金から現金を徴収して利益を図ったとしている。

 浦郷容疑者らは勧誘や申し込みの受け付けをするなど、賭博の手伝いをした疑いがある。同署は他に関与した人物がいないかどうか調べる。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング