PR

産経WEST 産経WEST

運賃不要の「タクシー」実現へ 15歳起業の実業家が計画

ノモックの無料配車サービスのイメージ広告
Messenger

 福岡市のベンチャー企業「nommoc(ノモック)」は8日、タクシーと同様に乗客を運びながらも運賃を取らない新たな配車サービスを計画していると明らかにした。同社によると全国初の取り組み。福岡市内で平成31(2019)年3月からの開始を目指す。

 計画では、携帯端末の専用アプリから届いた配車依頼を受け、同社のドライバーが利用者を乗せて目的地へ運ぶ。後部座席などに設けたディスプレーで、アプリ登録の際に利用者が登録した興味や関心に関する情報に沿って、スポンサー企業の広告を表示。搬送に関わる諸費用は広告料収入で賄うため、利用者は運賃を支払わなくて済む仕組みだ。

 運賃が生じないことから、タクシー事業を始める際に必要な地方陸運局の許可は不要という。サービスは当初、10台程度の態勢で始める方針。32年には東京や大阪へ進出し、人工知能(AI)も導入しながら広告の表示精度を高めたい考え。

 15歳で最初の起業をしたという同社の吉田拓巳社長(22)は「移動が無料になれば社会がより活性化するのでは。アジアや世界の主要都市にもサービスを拡大していきたい」と意気込んでおり、近くクラウドファンディングで資金調達を始める。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ