産経WEST

【実録 韓国のかたち】第4部(1)なぜ北へ向かうのか 「原始的友情」文在寅がなにげに述べた言葉の裏に…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【実録 韓国のかたち】
第4部(1)なぜ北へ向かうのか 「原始的友情」文在寅がなにげに述べた言葉の裏に…

会談を前に軍事境界線を挟み握手する韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=4月27日、板門店(韓国共同写真記者団・共同) 会談を前に軍事境界線を挟み握手する韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=4月27日、板門店(韓国共同写真記者団・共同)

「尊敬する思想家」申栄福とは

 「こちらに立ちますか」。南北の軍事境界線がある板門店。晴れ渡った空のもと、韓国大統領、文在寅(ムン・ジェイン)がこう促すと、北朝鮮の朝鮮労働党委員長、金正恩(キム・ジョンウン)は縁石をひょいとまたいだ。南北分断後、北の最高指導者が初めて韓国入りした瞬間だった。二人は笑顔で手をつないだ。

 「歴史的」と評された4月27日の南北首脳会談。演出された政治劇の布石となったのは2月の平昌(ピョンチャン)五輪だった。

 今年2月9日。各国の首脳らが集う開幕レセプション会場に現れた文は、やはり満面の笑みを浮かべて次のように歓迎の辞を述べた。

 「私が尊敬する韓国の思想家、申栄福(シン・ヨンボク)先生は冬の寒さを耐えるために隣の人の体温を利用するのを、“原始的友情”だと温かく表現されました」

 凍てつく寒さの中で温かい友情を分かちあおうと、さりげなく「韓国の思想家」の言葉を引用したと考えた首脳もいたかもしれない。しかし、北朝鮮の最高人民会議常任委員長、金永南(キム・ヨンナム)だけは文の「深意」を瞬時に察したのではないだろうか。

 申は北朝鮮の朝鮮労働党の指令の下、韓国国内につくられた地下組織、「統一革命党(統革党)」党員だった。統革党が韓国の有力者を抱き込み、合法的な政党を目指していた矢先の1968年、韓国当局に摘発された。

 武装した工作船1隻、無線機7台、機関銃12丁、拳銃などが押収されたこの事件では、158人が検挙された。主犯格の金鍾泰(ジョンテ)ら3人は死刑、申も1、2審で死刑判決を受けたが最高裁で無期懲役に減刑された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 第4部(1)なぜ北へ向かうのか 「原始的友情」文在寅がなにげに述べた言葉の裏に…

関連ニュース

「産経WEST」のランキング