PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】「認知症カフェ」全国へ マクドやスタバでも、患者や家族の受け皿に 

Messenger

 認知症高齢者やその家族らが交流する「認知症カフェ」が全国に広がっている。少子高齢化が進み、認知症を巡る社会問題が広がる中、厚生労働省は総合戦略で平成30年度から全市町村でのカフェ開設を掲げており、参加した家族からは「気軽に悩みを打ち明けられた」との声があがる。より多くの人に参加してもらおうと、ファストフード店などで開催する動きも出ている一方で、カフェの運営者からは「認知症患者の参加率が低い」との意見も。専門家は「対象を患者に限らず、地域で認知症を考える入り口にするべきだ」と指摘する。(小松大騎)

地域で認知症を支える

 4月中旬、神戸市長田区の介護老人保健施設「サニーヒル」で開かれた認知症カフェには、認知症患者や家族、近隣住民ら約40人が集い、世間話や介護の話題で盛り上がった。施設長の大川二朗医師(80)は「カフェを訪れた認知症患者は表情が明るくなる。患者や家族が困った際に悩みを打ち明けられる場所になれば」と話す。

認知症患者や家族らが交流する介護老人保健施設「サニーヒル」の認知症カフェ=神戸市長田区
認知症患者や家族らが交流する介護老人保健施設「サニーヒル」の認知症カフェ=神戸市長田区

 施設では、大川医師が認知症カフェ開設を立案し、今年2月から火、木曜日の週2回のペースで開催。コーヒーや紅茶などを1杯50円で提供するほか、ノンアルコールビール(100円)もある。2年ほど前に認知症を発症した父親(69)と参加したという同区の女性(31)は「和気あいあいとした雰囲気で、気軽に相談しやすくて助かっている」と語る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ