PR

産経WEST 産経WEST

【軍事ワールド】ステルス機に漫画登場機、「宇宙の騎士」も 米海兵隊のフレンドシップデーに20万人超 

エンジンノズルを下に向けて垂直着陸体勢にはいるF-35B(2018年5月、岡田敏彦撮影
Messenger

 日米友好の絆を強める航空祭「第42回岩国航空基地フレンドシップデー」が5日開催された岩国基地(山口県岩国市)では、約21万5千人の観客でにぎわった。開催前の「今年は(航空自衛隊の)ブルーインパルス(BI)が来ないから入場者も少ないのではないか」との関係者の心配をよそに、ふたを開けばBIが参加した昨年の約20万人を上回る人気ぶり。実はマニアの間では、3つの目玉が注目を集めていた。(岡田敏彦)

 アジア地域で初

 海上自衛隊と米海兵隊の共催となるフレンドシップデー。今回も日米の機体が多数展示された。特に自衛隊では、人気漫画「US-2 救難飛行艇開発物語」で取り上げられている海上自衛隊のUS-2や、TVアニメ『ひそねとまそたん』で主役級のメカとなる航空自衛隊のF-15Jイーグル戦闘機も展示。身近な漫画やアニメに登場する機体を展示するサービスが観客の人気を集めた。

 そして最大の注目は米ステルス戦闘機F-35「ライトニングII」だ。今回はアジア地域初の展示飛行を行うことが4月12日に海兵隊によって発表され、航空機マニアの間で話題となっていた。

 F-35には空軍向けのA型とSTOVL(短距離離陸・垂直着陸)の可能なB型、空母艦載向けのC型の3タイプがあり、岩国の米海兵隊が運用するのはB型。米海兵隊は上陸作戦で先陣をきる役割があり、橋頭堡(きょうとうほ)を確保する能力が求められる。つまり通常の固定翼(ヘリではない航空機)攻撃機が離着陸に必要とする2千メートル級の滑走路を構築する間もない状況で任務を行う必要があるため、STOVLは重要な能力とされている。

(次ページに動画)20トンが空中で静止…「アジア初の飛行展示、光栄」

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ