PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】最低「打」でも勝率5割…優勝は、高山・大山・中谷・江越の奮起次第だ!

「こどもの日」の中日戦、試合前セレモニーで子供から花束を受け取る阪神の高山俊=5月5日、阪神甲子園球場(岩川晋也撮影)
Messenger

 高山、大山、中谷、江越らは奮起しなければなりません。阪神は27試合消化時点で14勝13敗、勝率・519で首位・広島を追走してます。戦前の予想通り、投手陣(特にリリーフ陣)の充実が原動力でチーム防御率(3・04)や失点(98)はリーグトップ。球団首脳は対戦相手との力関係から「今年は優勝する大チャンス」と語っていますが、広島を逆転するための“戦力アップ”こそ、成績不振の若手野手の奮起です。高山と大山は打率1割台で中谷と江越は二軍生活…。彼らが戦力になればチャンスはさらに拡大するのです。

■当コラム予想通り…あとは4選手ら次第、競り勝つ戦力バランス

 開幕して30試合近く日程が消化されました。セ・リーグの勢力分布図もある程度、ハッキリとしてきましたね。やはり3連覇を目指す広島は強く貯金9(20勝11敗=5日現在)で首位。続く2位には巨人が、僅差で阪神がつけていますね。そこからDeNAと続き、中日とヤクルトが5位、6位。

 これは自慢ではありません。春季キャンプで6球団を見て回りましたが、戦力的に苦しいと感じたのは中日とヤクルトでした。広島はチーム全体がまとまっていて、DeNAも昨季の日本シリーズ出場の自信が無形の力になる…と感じましたね。巨人は打線が凄いが投手陣は菅野以外はどうなのか? そうした中で阪神は「優勝争いできる戦力だ」とこのコラムでも書いたはずです。

 そして、優勝争いできると感じた最大のポイントは投手陣の充実です。先発はメッセンジャー、秋山、小野、藤浪、能見や岩貞、高橋遥らがいてリリーフ陣が豊富です。開幕してここまで誤算もありました。藤浪がやはり不安定で二軍降格。能見や岩貞も不安定さがあります。それでも中継ぎから抑えのドリスにつなぐ形が崩れない限り、安定した戦いができると感じましたね。

 27試合を消化した時点でチーム防御率3・04や失点98はリーグでトップ。いかに投手陣がタイガースの戦いを支えているかが分かります。逆に得点89、本塁打14本はリーグ最低の数字です(いずれも5日現在)。2番に植田海を入れてから盗塁数が増えて来ましたが、盗塁14は巨人の11に次ぐ低さ、それでもDeNAが23個、広島が20個(5日現在)なのですから、半分ですね。長打力も機動力も乏しいので、得点も少ない…。

 しかし、逆に言えばモノは考えようです。投手陣が崩れないうちに打撃陣の状態が上がってくれば、それこそ広島の首根っこを押さえて逆転できる可能性が広がります。

あの大物も「今年は大チャンス!13年ぶり優勝に…」、そして

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ