PR

産経WEST 産経WEST

【世界ミニナビ】中国の「麻薬ビジネス」蔓延の兆し…過去最大コカイン押収も

大量の覚醒剤が隠されていた「小石運搬機」と称する鉄製容器。中国・福建省から出港したコンテナ船に積載されていた(安里洋輔撮影)
Messenger

 中国広東省の公安庁が2018年第1四半期に取り締まった麻薬事件の解決件数が約2790件に達し、国際的な密売グループの取り締まりとしては過去最大のコカイン押収量を記録した。AFP通信(電子版)などが伝えた。経済発展を遂げるその裏で、麻薬ビジネスも蔓延(まんえん)し始めている。

 広東省公安庁は同年第1四半期に麻薬の密売組織など約3490人を逮捕。押収した麻薬量は4・1トンに達した。

 広大な国土を持つ中国では、麻薬の栽培や流通そのものを詳細に把握することは難しい。経済発展で所得が増え、娯楽への感心の高まりで、中国国内での麻薬需要が増えることが懸念される。

中国系が米国で麻薬ビジネス

 一方で、中国系の麻薬ビジネスは海外でその活動を活発化させている。

 米捜査当局はこのほど、中国系密売組織による大麻栽培の取り締まり強化に乗り出した。4月には一斉捜査で麻薬栽培に使われていた住宅を、数としては最大規模ともされる約100戸没収した。

 中国系密売組織が米国内の住宅を購入し、大麻の栽培場にして金を稼いでいるという。捜査では、大麻草6万株超を発見し、マリファナ200キロ近くを押収した。また、銃器15丁も押収するなど、麻薬ビジネスが凶悪組織によって行われていることを物語っている。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ