PR

産経WEST 産経WEST

「ツシマヤマネコ」の赤ちゃん2匹誕生 国の天然記念物

福岡市動物園のモニターカメラが撮影したツシマヤマネコの赤ちゃん(矢印、同園提供)
Messenger

 福岡市動物園は4日、国の天然記念物ツシマヤマネコの赤ちゃん2匹が生まれたと発表した。現時点で性別は不明だが、2匹とも元気という。

 園によると、4日午前に相次いで生まれた。母親は推定3歳で、園での出産は2回目。子育て中の母親はちょっとした物音に反応して育児放棄することがあり、園はモニターで見守っている。

 ツシマヤマネコは長崎県・対馬にだけ生息しているが、成育環境の悪化などで減少している。環境省は福岡市動物園などで繁殖事業に取り組んでいる。

 動物園の担当者は「出産適齢期の雌が少なくなっている中、生まれてうれしい。無事に大きくなってほしい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ