PR

産経WEST 産経WEST

国会空転「なんたること」加戸守行・元愛媛知事が憂慮

「願いは私たちの手で私たちの憲法を持ちたいということ」と述べる加戸守行氏=松山市
Messenger

 憲法記念日の3日、松山市湊町の市総合コミュニティセンターで、憲法改正に向けて考える「憲法フォーラムin愛媛」が開かれ、国会は国民投票に参加する機会を実現すべく速やかに改憲の発議に向けた取り組みを始めるべきとして、世論喚起の推進母体として県内各地に「国民投票連絡会議」を今年夏までに設立し、幅広い啓発活動を推進するとの声明文を発表した。

 主催は「美しい日本の憲法をつくる愛媛県民の会」。元愛媛県知事で同会実行委員長の加戸守行氏はあいさつで、森友・加計問題や財務次官セクハラ問題などで与野党がかみ合わず空転する国会の状況について「安倍晋三首相の憲法改正への対抗手段として、国会が利用されている。なんたることか」と憂慮を表した。加戸氏は憲法改正を阻止しようとする一部メディアに維新を除く野党も乗って安倍政権をたたく動きになっていると見解を披露し、「私たちの手で私たちの憲法を持ちたいというのが願いだ。国民的議論として今が大切なとき」と、機運の盛り上げを会場に呼びかけた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ