PR

産経WEST 産経WEST

【橋本奈実の芸能なで読み】「新幹線」と「たこ焼き」…誰からも愛される早霧せいなの「想像力」

インタビューに答える早霧せいな=大阪市北区(宮沢宗士郎撮影)
Messenger

 想像とは、「こうなったらいいな」という空想を描くことであり、「どうなっているのか」を推し量ることでもあります。その想像する力、「想像力の欠如」が近年、叫ばれていますが…。「舞台には人格が出る」と言われるように、人を感動させる芝居をする俳優は、「想像力」が高いと私は思っています。そんな方々にお会いし、金言をいただく機会がありました。

 まず、元宝塚歌劇団雪組トップスター、早霧(さぎり)せいなさん。主演大劇場公演5作はすべて観客動員100%超という、宝塚史上初の偉業を成し遂げた伝説のトップです。高い人間力でも知られ、劇団員はもちろん、関係者、取材者にも愛されています。

 もともと美しい方ですので、ごく自然に女性らしい容姿になっていましたが、いい意味で内面はまったく変わっていませんでした。

 自然な気遣いができる方です。取材日は、たまたま1人で来阪されました。宝塚のスターは、移動時に多くのファンに付き添われていますが…。「(付き添いが多いのは)宝塚では偉大な大スターさんたちが作り上げた大切な歴史を、後輩たちが引き継ぐ風習が定着しているから。でもタカラジェンヌ1人1人はみんな、自立していると思いますよ」と即答した。

 宝塚の伝統や先輩、現役すべてに気配ったコメント。さらに、「大阪駅まで迎えに来ていただきましたし、私は1人で全然平気。むしろ気楽なタイプなので」と、笑顔で関係者を気遣うことも忘れない。相手の気持ちをおもんばかり、瞬時に的確な言葉を選ぶことができる方だと思いました。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ