PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】始まりは一本の電話…「過労死110番」30周年 遺族「これからも駆け込み寺に」

Messenger

 業務上の過労やストレスで発病し、死亡したり重度の障害を負ったりした場合の労災補償について、無料で相談に乗る「過労死110番」が今春、30周年を迎えた。昭和63年4月、全国に先駆けて大阪で始まった取り組み。最初の相談者となった平岡チエ子さん(75)=大阪府藤井寺市=は、偶然目にした新聞記事で110番の開設を知り、2カ月前に亡くなった夫のことを聞いてほしいとスタートの日を指折り待って、受話器を握った。「電話口の相手に分かってもらえた」。110番で安心感を得た平岡さんはその後、労災認定を得て、勤務先を相手取った訴訟で和解を勝ち取り、その活動は海外で「karoshi」と取り上げられる契機にもなった。

働き盛りの夫の死

 「夫が救急車で運ばれたときはもう遅くて、心不全といわれたが、そうじゃない。会社に殺された」

 今年4月12日夜、大阪過労死問題連絡会が大阪市内で開いた過労死110番の開設30周年記念シンポジウム。登壇した平岡さんはこう切り出し、かけがえのない夫を失った日のことを語り始めた。

大阪過労死問題連絡会が開いた30周年シンポジウムで、亡くなった夫のことを語る平岡チエ子さん=4月12日、大阪市中央区
大阪過労死問題連絡会が開いた30周年シンポジウムで、亡くなった夫のことを語る平岡チエ子さん=4月12日、大阪市中央区

 昭和63年2月23日。夫の悟さん=当時(48)=は午後9時半ごろに仕事から帰宅。その後、急性心不全で亡くなった。晩酌をしながら夕食を取り、長男とプロ野球の話などをし、家族それぞれが自分の用事をしていた、わずかな時間のことだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ