PR

産経WEST 産経WEST

緑を探してミナミ散歩 「みどりの日」にリフレッシュ

Messenger

 ツアーは平日午後2時から。受講料千円。1週間前までに予約が必要。申し込みはガーデン事務局((電)06・6647・0092)。5月4日は格安で苗などを販売する恒例のプランツマーケットを開催する。

OCAT屋上ガーデン 開園から18年、関西の先駆け

 知る人ぞ知る「秘密の花園」は商業施設の屋上にあった。大阪市浪速区湊町の「OCAT屋上ガーデン」。中央エレベーターのドアが開くとスタッフが笑顔で迎えてくれ、目の前には約200種1万株以上の植物をバランス良く配した洋風ガーデンが広がる。

芝生や落葉樹、果樹などで構成されるOCAT屋上ガーデン。手入れは行き届き、芝生広場はいつも青々としている=大阪市浪速区(永田直也撮影)
芝生や落葉樹、果樹などで構成されるOCAT屋上ガーデン。手入れは行き届き、芝生広場はいつも青々としている=大阪市浪速区(永田直也撮影)

 関西における大規模屋上庭園の先駆けとして平成12年に開園。景観デザイナーの二見恵美子氏が「自生する庭」を目指して多年草を中心にデザインし、芝生広場やハーブの花壇、落葉樹や果樹などで構成されている。植物は18年の歳月を重ねて成長し、自然の中にいるようなリラックス効果もあって、近所の親子連れや会社員らがふらりと訪れる憩いの場になっている。

 スタッフによると、ガーデンを訪れた子供がレモンの木に生まれたアゲハチョウの幼虫を自宅で育て、羽化したチョウとともにガーデンを再訪して空へ放ったこともあったという。これからバラやサツキ、ウツギなどが見頃を迎える。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ