PR

産経WEST 産経WEST

【関西経営者列伝】神戸移転、震災にも揺るがず フェリシモ・矢崎和彦社長(1)

フェリシモの矢崎和彦社長。阪神大震災が起きた平成7年に本社を神戸市中央区へ移した=昨年11月、同社本社(渡辺恭晃撮影)
Messenger

 ファッションやキッチン用品、手芸品や文具など、独創性あふれる品々を世に送り出すフェリシモ。昨年社長就任30年を迎えた矢崎和彦さん(62)は、普段は顧客と対面しない通信販売の企業だからこそ、作り手・売り手と買い手が「ともにしあわせになるしあわせ」を目指し続けている。阪神大震災が起きた平成7年に本社を大阪から神戸市中央区へ移して23年。社会全体が幸せになる商品開発をベースに、常に斬新な展開を追求している。(栗井裕美子)

「1・17」に込み上げる思い

 毎年、(阪神大震災が発生した)1月17日を迎える時期になると、特別な思いが込み上げてきます。

 平成6年の秋頃、翌年2月に神戸へ本社を移すことを決めました。生活文化に根ざしたビジネスをしているわれわれにとっては、古いものと新しいものが混ざり合い、自然も豊かな神戸がぴったりくるんじゃないかと感じたんです。

 引っ越しの日が待ち遠しくて指折り数える日々だっただけに、震災で街が傷だらけになったことはものすごくショックだった。「移転しない方がいいんじゃないか」とアドバイスをくれた方もいました。

 けれど、やめようとは全く思わなかった。めちゃくちゃ好きな人との結婚が決まったとするじゃないですか。その彼女がけがをして、予定日に式ができないとなっても、それで結婚をやめますか? 移転方針の維持は早い段階で決めました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ