PR

産経WEST 産経WEST

【銀幕裏の声】「仁義なき戦い」の熱さをもう一度 東映が久々に仕掛ける任侠映画「孤狼の血」(上)

映画「孤狼の血」のワンシーン。港町・呉の情景が印象的だ (C)2018「孤狼の血」製作委員会
Messenger

 「警察じゃけえ、何をしてもええんじゃ!」。こんな物騒な広島の呉弁で凄(すご)む主人公の悪徳刑事、大上章吾を名優、役所広司が熱演する映画「孤狼の血」が5月12日封切られる。「かつて男たちが熱狂した任(にん)侠(きょう)映画『仁義なき戦い』(昭和48年)のような映画がなぜ今の日本にないのか? 一緒に撮りませんか」。白石和彌監督はこんな言葉で役所を口説いたという。何度も広島県呉市を訪れ、63年当時、この街に流れていた“熱い空気”を活字で甦(よみがえ)らせた原作者の柚月裕子さんは言う。「目指したのは『仁義なき戦い』のような男の世界です」と。東映久々の本格任侠映画の製作秘話を白石監督、柚月さんの2人に聞いた。  (戸津井康之)

「仁義なき世界」超えを目指して

 「近年、“抗争劇”を描いた映画はほとんど当たらない。でもこの小説の映画化は東映以外にはできない。では今の日本で誰になら監督を任せられるか?」

 東映プロデューサーたちが選んだのが、白石監督だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ