産経WEST

学生向け賃貸住宅に新規参入相次ぐ サービス「至れり尽くせり」、市場は安定成長

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


学生向け賃貸住宅に新規参入相次ぐ サービス「至れり尽くせり」、市場は安定成長

東急不動産が開発し、ナジックが管理・運営する学生マンション「キャンパスヴィレッジ椎名町」 =東京都豊島区(ナジック提供) 東急不動産が開発し、ナジックが管理・運営する学生マンション「キャンパスヴィレッジ椎名町」 =東京都豊島区(ナジック提供)

 学生向け賃貸住宅市場が活況だ。大学進学率の上昇や外国人留学生の増加を追い風に、付加価値を高めたマンション・寮の開発が進んでいる。賃貸市場は空き家の増加が影を落とすが、学生向けは安定成長が見込めるとして新規参入が相次いでいる。(田村慶子)

充実の住環境

 周辺に大学が集まる東京都豊島区の住宅街で、東急不動産が初めて手がける学生マンション「キャンパスヴィレッジ椎名町」が3月に開業した。全167室は完成前に予約で満室。人気の理由は、学生や親が喜ぶ“至れり尽くせり”の施設・サービスだ。24時間対応で警備員が駆け付ける防犯対策、居住者が交流できるカフェテリア、栄養士による健康的な食事…。古くて粗末な学生アパートのイメージとは雲泥の差だ。

 東急不動産ホールディングスは、このマンションを運営する学生情報センター(京都市、ナジック)を平成28年11月に子会社化し、学生マンションに本格参入。関西でも初の物件「キャンパスヴィレッジ京都西京極」(仮称、全113室を予定)を来年3月に京都市で開業する計画だ。

 伊藤忠都市開発は川崎市で学生マンション(全390室)を、三井不動産レジデンシャルも東京都豊島区で学生寮(全178室)をいずれも昨春に開設し、参入した。東京都心部のマンション市場が供給過剰となるなか「学生向けは景況にあまり左右されず、安定的な伸びが見込める」(業界関係者)という。

続きを読む

このニュースの写真

  • 学生向け賃貸住宅に新規参入相次ぐ サービス「至れり尽くせり」、市場は安定成長
  • 学生向け賃貸住宅に新規参入相次ぐ サービス「至れり尽くせり」、市場は安定成長
  • 学生向け賃貸住宅に新規参入相次ぐ サービス「至れり尽くせり」、市場は安定成長
  • 学生向け賃貸住宅に新規参入相次ぐ サービス「至れり尽くせり」、市場は安定成長

「産経WEST」のランキング