PR

産経WEST 産経WEST

インフルに14人集団感染、90代患者死亡 神戸の西市民病院、ほかに重症者なし

Messenger

 神戸市立医療センター西市民病院(長田区)は1日、入院患者と看護師計14人がインフルエンザに集団感染し、うち神戸市の90代男性患者が死亡したと明らかにした。ほかに重症者はおらず、回復した。

 病院によると、4月11日以降、患者らが発熱やせきの症状を訴え、全員がインフルエンザA型だった。死亡した男性も同11日に発症し、治療薬タミフルを服用するなどの治療を受けたが、肺炎で14日未明に死亡した。

 病院は見舞客も含め、手洗いやうがいなどの感染防止策を徹底するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ