PR

産経WEST 産経WEST

「廊下から死角に…」児童相談所一時保護所での少年自殺、愛知県の有識者委が視察

Messenger

 愛知県西三河児童・障害者相談センター(児童相談所、岡崎市)の一時保護所で1月、入所していた少年=当時(16)=が自殺した問題で、再発防止策を検討する県の有識者委員会が1日、保護所を視察。少年が自殺した個室のクローゼットが廊下から死角になっていたことを確認した。

 自殺直前に少年と面接した職員や、父親らに宛てた手紙を少年から受け取った職員ら計3人への聞き取りも実施。引き続き、自殺に至る経緯や施設側の対応に問題がなかったか調べる。

 委員長の折出健二人間環境大特任教授(教育学)は「了解が得られれば、遺族からも話を聞きたい」と話した。

 県によると、少年は1月11日、深夜徘徊(はいかい)で県警に補導され、保護所に入所。同23日に個室で首をつって自殺した。手紙には、同居する母親代わりの女性に対し「迷惑掛けてごめんなさい」などと書かれていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ