産経WEST

「流氷の天使」が伝える海洋の危機-富山で発見、新種クリオネ絶滅懸念 日本海、速い酸性化で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「流氷の天使」が伝える海洋の危機-富山で発見、新種クリオネ絶滅懸念 日本海、速い酸性化で

 「クリオネの生息を安定して観察できるかどうかが、酸性化の進行度を測る指標として重要」と山崎さん。クリオネが食べる「ミジンウキマイマイ」という巻き貝の一種は殻が非常に薄く、酸性化した海中で溶けてしまうからだ。唯一の餌とされるマイマイがいなくなれば、クリオネも絶滅の危機に直面する。

 日本海は、世界全体に比べて循環のスピードが数十倍速いとされ、酸性化の傾向を捉えやすいという。山崎さんは「将来的に世界の海で起こることを日本海で先取りして見られる。海の危機を教えてくれる生き物として、多くの人に日本海のクリオネを取り巻く環境を知ってもらいたい」と話している。

このニュースの写真

  • 「流氷の天使」が伝える海洋の危機-富山で発見、新種クリオネ絶滅懸念 日本海、速い酸性化で

「産経WEST」のランキング