PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】2年連続で予算案が廃案、議会は流会続き…異常事態に揺れる奈良・河合町

認定こども園の建設をめぐり、議会が割れている奈良県河合町の町役場
Messenger

 大阪のベッドタウンとして発展を遂げた奈良県河合町の議会が、昨年の6月定例会を最後に1年近くにわたって審議が事実上ストップするという異常事態に陥っている。3月定例会では一般会計当初予算案が2年連続で廃案に。住民からは「議員はいったい何をしているのか。仕事をしてほしい」と怒りの声が噴出している。背景には、賛成派と反対派が真っ二つに割れた「認定こども園」の建設をめぐるせめぎ合いがあるとみられ、「来春に任期満了を迎える町議選まで、議会を開かないつもりではないか」と疑念を抱く関係者もいる。(石橋明日佳)

厳しい財政

 奈良県北西部に位置する河合町。大阪市内まで電車で1時間圏内というアクセスの良さから、住宅地として急速に発展した。昭和40年代以降、隣の上牧町にまたがる「西大和ニュータウン」が開発され、人口は右肩上がりに増加。だが、高齢化に伴い、平成12年以降は減少の一途をたどっている。

 町税、地方交付税はおのずと減収し、財政は悪化。平成28年度決算では、収入に対する借金返済の割合を示す実質公債費比率が19%に達し、新たに地方債を発行する際に県の許可が必要な「起債許可団体」(18%以上)に転落した。ある町職員は「河合町は周辺自治体に比べて早く成熟しすぎた。高齢化と人口減の波が一気に押し寄せてきている」と話す。

 財政健全化を目指し、町はさまざまな施策を行ってきた。周辺の王寺、広陵、上牧の各町を含む北葛城郡の4町合同で、子育て世代を呼び込む「移住プロジェクト」を実施。また、TBSの人気番組「ナイナイのお見合い大作戦!」のロケ地に手を挙げるなど、あの手この手を打ち出している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ