PR

産経WEST 産経WEST

【地球を掴め国土を守れ】技研製作所の51年(11)騒音に振動 杭打ちから「建設公害」排除

圧入原理のイメージ
Messenger

 東日本大震災を機に、「国土防災企業」を前面に掲げるようになった技研製作所。大震災の津波で、従来の「フーチング工法」(地盤にコンクリートの堤体を載せる)で造られた堤防や防波堤が破壊されたことで、同社が開発した「インプラント工法」(地中深く杭(くい)を打ち込み粘り強い構造をもつ)が徐々に普及し始めた。

 インプラント工法は、地球(地中)が有する抵抗力を生かす「圧入原理」に基づく。杭を地中に「打ち込む」のではなく「押し込み」、杭と地盤が一体化することで、堤防の地盤の液状化を防止し、杭で造る「壁」が津波を食い止める。

■   ■

 圧入原理は、技研製作所社長の北村精男(あきお)が見いだした理論で、インプラント工法をはじめ同社が打ち出しているさまざまな工法の根本となっている。その原理を基に、同社の発展を支えているのが、昭和50年に完成した杭打ち機「サイレントパイラー」である。

 圧入原理を生かした杭打ちの最大の特長は、振動と騒音という建設公害を排除した点。仕組みはこうだ。

 あらかじめ地中に打ち込まれた杭数本を、サイレントパイラーのクランプ部で掴(つか)み、引き抜こうとする際に生まれる地中の抵抗力を利用して、次の新たな杭を押し込む。

 砂浜で地中に埋まった杭を人が引き抜こうとする場面をイメージすると分かりやすい。手で杭を抜こうとすると、杭が突き刺さった地面の抵抗力のため、体に負荷がかかり、足下から砂の中に沈む。この沈む足が打ち込む杭にあたる。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ