PR

産経WEST 産経WEST

【今週の注目記事】報道が伝えなかったメドベージェワの涙の理由 平昌五輪ドキュメンタリー番組、30日に放送…WOWOWで

Messenger

悔しくて手すりに頭を打ち付ける

 ところが、メドベージェワはケガの影響で、以前はたやすく跳んでいた3回転ジャンプが思うように決まらない。何度挑んでも失敗し、転んで氷上に身体を打ち付けてしまう。メドベージェワは顔をくしゃくしゃにして涙を流しながら、できない、できないと悔しさのあまり、リンクの手すりに頭を打ち付ける…。

 五輪まであと2カ月あまり、練習が思うようにできず、足にギプスをまいたまま控え室で物思いにふけるメドベージェワ。きっとこのころ、彼女の心の中は、自分は平昌五輪へ出場できないかもしれないという不安でいっぱいだったのではないだろうか。

コーチのエテリ・トゥトベリーゼから指導を受けるエフゲニア・メドベージェワ(左)(WOWOWドキュメンタリー番組より 提供写真)
コーチのエテリ・トゥトベリーゼから指導を受けるエフゲニア・メドベージェワ(左)(WOWOWドキュメンタリー番組より 提供写真)

 そんな気持ちは懸命のリハビリと練習でどこかへ吹き飛んでいった。予告編にも出てくるトゥトベリーゼの言葉がメドベージェワがどんなアスリートなのかを説明する。一番近くで見て来た恩師はインタビューにこう語って見せた。

 「彼女には元々才能があったわけではありません。全て練習によって獲得してきました。想像を絶するほどの努力です。それをノンストップで続けてきたのです。彼女が成功した理由は忍耐力と努力だと思います」

 メドベージェワは平昌五輪女子フリーの後、リンク上で感極まって涙した。彼女自身「どうして涙を流したかわからない」と報道陣に語ったが、このドキュメンタリーを見れば、彼女の当時の心境がどんなものだったのかを推し量ることができるだろう。

バレエのレッスンを受けるエフゲニア・メドベージェワ(左)(WOWOWドキュメンタリー番組より 提供写真)
バレエのレッスンを受けるエフゲニア・メドベージェワ(左)(WOWOWドキュメンタリー番組より 提供写真)
平昌五輪表彰式の2人。アリーナ・ザギトワ(右)はエフゲニア・メドベージェワを「親友」と言った(納冨康撮影)
平昌五輪表彰式の2人。アリーナ・ザギトワ(右)はエフゲニア・メドベージェワを「親友」と言った(納冨康撮影)

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ