産経WEST

同僚の女性事務官宅に侵入、元副検事に懲役2年6月求刑 初公判で起訴内容認め即日結審

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


同僚の女性事務官宅に侵入、元副検事に懲役2年6月求刑 初公判で起訴内容認め即日結審

 同僚の検察事務官の女性のかばんから鍵などを盗み、自宅に侵入したとして、窃盗罪と住居侵入罪に問われた京都地検宮津支部の元副検事、平綱浩貴被告(44)=懲戒免職=の初公判が27日、京都地裁(石井寛裁判官)で開かれた。平綱被告は起訴内容を認め、検察側は懲役2年6月を求刑して即日結審した。判決は来月11日。

 検察側は冒頭陳述で「列車内でかばんから鍵を盗み、被害者が在宅していない時間を狙い侵入を繰り返した」と指摘。論告では「犯罪被害者の声に耳を傾け、公正・誠実に職務にあたるべき検察官が犯行に及んでおり、社会に与える影響は大きい」とした。

 平綱被告は弁護側の被告人質問で「被害者に不快な思いをさせてしまい申し訳ない」と話した。

 起訴状などによると、1月24日、京都府京丹後市内の駅に停車中の列車内で地検事務官の女性のかばんから鍵などを盗み、同日ごろから2月23日までの間、私生活をのぞく目的で同府宮津市内の女性の自宅に21回にわたり侵入したとしている。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング