PR

産経WEST 産経WEST

【テニスの現場】時速200キロ超のサービスで「日の丸デビュー」 大坂なおみ 東京五輪へ向けて躍動

Messenger

 4月21、22日に兵庫県三木市で開かれた女子テニスの国別対抗戦フェド杯に、今季、快進撃を続ける大坂なおみ(20)=日清食品=が日本代表の一員として出場した。2014年以来のワールドグループ2部復帰をかけた英国との入れ替え戦では、時速200キロに迫るサービスやパワーあふれるストロークでチームの勝利に貢献した。3月にツアー大会で初優勝を果たし、20年東京五輪でメダルが期待される日本の切り札が、鮮やかな“日の丸デビュー”を果たした。(大宮健司)

【フェド杯】日本の勝利が決まり、ファンにあいさつする(左から)奈良くるみ、大坂なおみ、二宮真琴、加藤未唯=兵庫県三木市のブルボンビーンズドーム(松永渉平撮影)
【フェド杯】日本の勝利が決まり、ファンにあいさつする(左から)奈良くるみ、大坂なおみ、二宮真琴、加藤未唯=兵庫県三木市のブルボンビーンズドーム(松永渉平撮影)

代表戦をとにかく楽しみたい

 男女のテニスツアーが全仏オープン(5月27日開幕)に向けてクレー(赤土)コートでの戦いに移る中、大坂はハードコートで行われる日本代表の戦いを望んだ。「とにかく楽しみたい。日本代表としてプレーすることは、誇りが付いてくる」と語った大坂に、日の丸にかける本人の思いがにじみ出ていた。

 昨年もフェド杯に出場したが、このときは海外での戦いだったため今回が日本国内で戦う初めての代表戦となる。最初の試合は、時速190キロ前後のサービスを連発。フォールトになった1球が200キロ超を計時し、場内がどよめく場面もあった。

 11個のサービスエースを奪ってストレート勝ち。対戦相手の世界ランキング77位のヘザー・ワトソンは「エースを取らせないようにしたかったけど、200キロのサービスを返すのは簡単ではないわ」と脱帽した。

【フェド杯】英国のジョアンナ・コンタにストレート負けした日本の大坂なおみ=ブルボンビーンズドーム
【フェド杯】英国のジョアンナ・コンタにストレート負けした日本の大坂なおみ=ブルボンビーンズドーム

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ