PR

産経WEST 産経WEST

【通崎好みつれづれ】大阿闍梨とコロッケ

松原キムラ本店の「精進・阿闍梨コロッケ」と、浅居宏次さん、伸子さん親子=京都市下京区(寺口純平撮影)
Messenger

 19日間のアメリカ演奏旅行を終え、楽器とともに無事帰国した。私の留守中、要支援・介護認定を受ける両親の食生活は、自宅からすぐの松原京極商店街(京都市下京区)にあるスーパーマーケット「松原キムラ本店」にお願いした。

 社長、浅居宏次(ひろつぐ)さん(47)の祖父母が、寺町錦の「すき焼きキムラ」から独立して昭和26年に始めた肉専門店は、平成元年からスーパーに転換。母、伸子さん(71)が作る惣菜(そうざい)が人気となっている。「にしん茄子(なす)」や、今の季節なら「筍(たけのこ)の炊合わせ」など、お母さん手作りの保存料無添加「普段のおかず」が並ぶ。これらを詰め合わせた弁当も好評だ。

 さて最近、キムラの揚げ物コーナーに新メニュー「精進・阿闍梨(あじゃり)コロッケ」(税込み108円)が加わった。北嶺大行満(ほくれいだいぎょうまん)大阿闍梨・釜堀浩元(かまぼり・こうげん)師が千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)中に召し上がったという。千日回峰行とは、7年かけて約4万キロを踏破する過酷な修行。最後の年には、京都市内を巡礼する「京都大廻り」全行程84キロが100日間行われる。

 「京都大廻り」は、比叡山山中を回峰後、午前10時頃に修学院の赤山禅院(せきざんぜんいん、左京区)を出発。昼過ぎには清水寺で休憩をとり、京都市内をめぐって夕刻宿坊の清浄華院(しょうじょうけいん、上京区)に到着。食事とわずかな休息をとり、同じ道のりを比叡山に戻る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ