PR

産経WEST 産経WEST

【地球を掴め国土を守れ】技研製作所の51年(10)「防災企業たるは、高知のDNA」

江戸時代初期に土佐藩家老の野中兼山が整備した手結港。日本最初の本格的な掘込港湾=高知県香南市
Messenger

 昭和21年12月21日午前4時19分、紀伊半島沖を震源とする地震が起きた。「昭和南海地震」である。

 技研製作所の北村精男(あきお)は昭和15年生まれ。当時、高知市の東隣の赤岡町(現在の高知県香南市)の生家にいた。

 「ふすまがパタパタと倒れ、父親に抱えられて裏山に逃げたのを鮮明に覚えている」と振り返る。

 この地震は、南海トラフで発生する地震としては比較的小規模とされる。しかし、東海から四国にかけて死者行方不明者は1300人に達し、高知市や宿毛(すくも)市などでは地盤が沈下、堤防が壊れるなどして、浸水した。

■   ■

 高知は古来、南海トラフの地震に繰り返しさらされ、台風の通過が多い「台風銀座」として風水害に見舞われるなど災害常襲地帯だ。そもそも「高知」の語源は「河中(こうち)」とされるが、水害を想起させるとして、改名された経緯がある。

 北村は自らの人生を振り返って、「わが社の防災企業たるは、高知のDNAだ」という。だからこそ、高知発の技術普及にこだわるのだ。

 その高知を切り開いた先達として、北村が名前をあげるのは、土佐藩家老の野中兼山(1615~64年)である。その功績は幕藩体制が確立しつつあった江戸初期において「政治は土佐にあり」と全国の範となったとされる。

■   ■

 作家、司馬遼太郎は「街道をゆく 因幡(いなば)・伯耆(ほうき)のみち、檮原(ゆすはら)街道」で、「兼山施政三十年のあいだにおこした用水工事は(中略、藩全域で二十二カ所におよび)驚歎(きょうたん)にあたいする」と記し、地元高知の土木関係者が現代においても、「兼山先生」と呼び、敬愛していると紹介している。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ