PR

産経WEST 産経WEST

【高校野球】九州国際大付が18季ぶりV 春季九州大会最終日

Messenger

 高校野球の春季九州大会(第142回九州大会)最終日は26日、福岡県の久留米市野球場で決勝が行われ、九州国際大付(福岡)が13-0で明豊(大分)に大勝し、18季ぶり2度目の優勝を果たした。

 九州国際大付は二回に葛城のソロで先制し、5安打を集めた四回と、甲斐の3ランが出た五回に5点ずつを加えて突き放した。先発山本は丁寧にコースを突き、完封。明豊は6安打しながらつながりを欠いた。

 次回の秋季大会(第143回九州大会)は10月に熊本県で開催する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ