PR

産経WEST 産経WEST

建設中の近江八幡市新庁舎を凍結 初当選市長が契約解除を通告

現庁舎の敷地内で進んでいた新庁舎建設工事。盛り土や掘削による溝などがある
Messenger

 新庁舎建設工事の中止を掲げて滋賀県近江八幡市長に初当選した小西理氏(59)が25日就任し、「工事契約の解除を通告した」と発表した。同日、市役所を訪れた工事業者に伝えた。小西市長によると、工事は26日に中止され、今後、業者への損害賠償金の支払いなどの手続きを行うとしている。今年1月末に着工した新庁舎建設工事はストップする方向となった。

 小西市長は午前8時20分ごろ初登庁。その後、工事を請け負う奥村組(大阪市阿倍野区)の滋賀営業所長らに「民意による政策変更。申し訳ないが工事を中止させてほしい」と述べ、契約書の「発注者は必要があるときは、この契約を解除することができる」との規定に基づき、契約解除を通告したという。

 小西市長はその後の記者会見で、26日で工事は中止し、5月中旬をめどに重機などの資機材を撤去する▽弁護士などでつくる第三者委員会を設置し、業者側提示の損害賠償金の妥当性を審議-などと説明。現庁舎は老朽化が課題となっているが、耐震補強工事を施して対応。その後、現在の庁舎計画に代わる新たな庁舎整備計画を策定する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ